和紙だけで創るランプ

幹心ランプ ホームへ
幹心落款
 
幹心ランプ ホームへ
Apr. 2007 KANSHINLAMP.COM
TOKYO KYOTO
ある朝、田舎のお寺で偶然出会った手漉き和紙の障子を通す灯りを見て、不思議な優しさとぬくもりに魅せられたのが、KANSHINランプの始まりです。
 
和
紙には自然の神が宿る様な魅力があり、和紙を通すと太陽の直射も眩しく感じなく、明るさを消しません。さらに、和紙には洋紙には見ることの出来ないぬくもりがあり、機械漉き和紙と違い、不均衡な中にも均衡のとれた柔らかさ、優しさがあります。
 
KANSHINランプに使われている手漉き和紙の原料である楮(こうぞ)、麻紙(まし)、三椏(みつまた)、雁皮(がんび)、竹紙(ちくし)、などから作られておりシェード(紙)の部分は和紙のあかりを最大限に引き出すために木の部分を最小限にし和紙の部分に影を入れず和紙の優しさと強さを生かしています。
電球を灯すと和紙独特の繊細な灯りのグラデーションが流れ辺りを癒しの空間へと誘ってくれます。
濱中 幹心 (はまなか かんしん)   1947年生まれ
平成 4年 京都嵯峨野に和柄窯 照明のアトリエを設立
平成13年 東京日本橋に 「幹心ランプ」 の店及びアトリエ開設
  美濃あかりアート展入選 作品名 "舞"
関東・関西の有名デパート、百貨店、およびその他各地ギャラリーにおいて、個展・二人展・三人展などの展示会を毎年、年に数回開催しております。
【 連絡・お問い合わせ先 】
info@kanshinlamp.com